FIAT500リアウインドウにDIYで濃色フィルム張りました

DIY

さて今回はリアウインドウに濃色フィルムを張ったのでそのお知らせ。

濃色フィルムはぶっちゃけて別に無くても良いのですが、信号待ちなどで後ろで待っているクルマの方に車内を観られてしまうのは何となく嫌です。
さらにワンセグなどで映像を見ていると、得にそう思います。

というわけでD.I.Yで貼り付けをしました。

スポンサーリンク

濃色フィルム張ってみました

フィルムは、大手カー量販店で「リアウインドウ用」とされている物を購入。
特にFIAT500のリアガラスは歪曲しているため、一枚張りをするとシワになってしまいみっともなくなってしまいます。シワにならないように張るには、細かく刻んで張るのが王道。
凄くめんどくさいのですが、4枚に別けて貼り付けました。

道具はハサミやマジック、霧吹きと濃色フィルム、ゴムへら、内装剥がしにドライバー等。
コツコツ、1枚ずつ霧吹きで水をかけながら丁寧に進めていけば難しいことははありません。急がずゆっくり作業を行ったので合計で2時間ぐらいの作業時間だったと思います。

フィルム貼り付けの時に外したハイマウントバックランプ。
中身はこんな感じになっています。

FIAT500に使って余ったフィルムをもう1台の所有車、ジムニーにも使いましたが張りやすさは段違いです。
やはり曲がっていないウインドウは張りやすいですね。

内装も見えなくなり本当に真っ黒。天井のガラスと同じようなイメージ。

ちゃんと車内から外のクルマは確認できますが見づらくなってはいますので、しっかりと後方確認はしたいと思います。
ただ、FIAT500 LOUNGE グレードの便利機能である、自動防眩ルームミラーが無駄になると言うことが悔しいです(笑)

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約7300km
平均燃費(エアコン常に使用):15.7km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

KF-01 フィルムキット
シリウス
サイズ:ゴムヘラ Mサイズ(幅71mm)


Vitzee 16種類入り車ラッピングテントフィルム貼り施工工具セット ベルトクリップ付き多機能ツール工具袋 替え刃式プラスチックスクレーパーヘラ マグネットホルダー スティックスキージ フェルトスキージ ミニスキージー 30度折り可カッター 交換スキージーフェルト2種類 ラバースキージ 安全スリッターカッターナイフ
Vitzee
多目的な大容量工具バッグとマグネットホルダー:マルチツール袋はベルトクリップがついて、簡単にポケットに掛けられ、ビニルフィルムラッピング貼り付け作業だけではなく、他の施工現場にも効率アップします。磁石ホルダーは車ラップを取り付ける際にビニールフィルムを保持するための強力な磁石です。ハンドルが少し長くて、取り付けも取り外しも楽にできます。

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました