FIAT500のエンジン・ミッションオイル交換したよ(60,000km)

とうとう僕のチンクエチェントも総走行距離が60,000kmに到達しました。
5,000km毎にエンジンオイルを交換しているので今回もオイル交換を行います。

また、ミッションオイルも同時に交換を行いました。前回は30,000km時だったので正直言って交換サイクルは短くムダな行為なのかもしれませんが、僕の判断で交換を行いました。

オイル消費は1リットル?!

フィアットだけに限りませんが、輸入車のエンジンオイル消費量は国産車に比べ多いと思います。
カーグラフィック誌のFIAT500長期インプレッションで書かれていたことを引用するならば、「ロータリーエンジンのような」 オイル消費量です。

僕のクルマでの結果ですが、5,000km走行で約1リットル消費します。

photo_1.jpg

上の写真を見ていただいてもわかるかと思いますが、レベルゲージの範囲にオイルが付着していません。下の方のゲージ外にかろうじて付着しています。
ゲージの範囲は上限から下限でおよそ1リットル。前回オイルを入れたときにオイルはゲージの上限にあることを確認していたので、1リットルの消費ということになります。

最初のオイル交換時は消費量に驚きましたが、これ以上悪化することも無かったので5,000km毎交換で現在まで続けています。

今日のオイルは特別価格

photo_2.jpg

この日はお世話になっているショップのオイルフェアでした。
使用したオイルはEPL。バイク屋さん・こだわりのカーショップさん等で使われているオイルメーカーです。EPLの担当者さんが店先でオイルの説明をしたり、一押し商品のメタルトリートメントPL-500の実演を行ったりしていました。

スポンサードリンク


僕はいわゆる「信者」なのでEPLオイルを使用します。
エンジンオイルの粘度は5W-30。
ミッションオイルは75W-90。
メタルトリートメントPL-500も適量添加しました。

写真はミッションオイル交換時。

メタルトリートメントPL-500

photo_4.jpg

店内にはボトルキープのメタルトリートメントPL-500がズラリ。

メタルトリートメントPL-500ってのは・・・?
●一切の固形添加物を使用していない
●金属摩擦の強さによって反応の強さが違うという独特の化学反応をする
●化学反応によって強力な油膜の出来る面を作る
●各パーツの摩擦摩耗低減、メカノイズの減少、パワー・トルク・レスポンスの向上、燃費の向上、カーボン、スラッジの洗浄等の効果がある
●500ccで15,000円はちょっと高価

金属同士が触れ合うところなら効果を発揮できるので、エンジンオイルのみらなず、ミッション(AT)オイル、デフオイル、パワステ、バイクですとフォークオイル等にも使用することが出来るのです。すごい!(僕は信者ですよww)

不思議なお薬。
詳しくは公式ページで↓
EPL JAPAN inc

はい、宣伝終わり(笑)
オイル交換をするとエンジン音も静かになったりショックも減った気がするし気分もとても良いですね。
財布のお金は消えて無くなりますがこればっかりは仕方ありません。
また次回のエンジンオイル交換まではおよそ2ヶ月後。。
1日90kmの通勤はやっぱり多いですね(笑)

金額:(※特別価格)
エンジンオイル3リットル 4,725円
ミッションオイル 1.5リットル 2,772円

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約60,000km
平均燃費(エアコン常に使用、峠道と市街地を通勤):14.8km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で

FIAT500のエンジン・ミッションオイル交換したよ(60,000km)” に対して1件のコメントがあります。

  1. みりん子 より:

    EPLかぁ~
    試してみたいなぁ。
    今yamahaのプレミアム純正いれてるから、
    どれぐらいかわるか興味深深だわ

  2. ともひろ より:

    こればっかりは「感覚」ですので何とも言えませんねー。色々試して探してみるのは良いかもしれませんし、今がOKならそれを維持することも大事かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です