DIYで取り付けたHIDが約3万kmで故障。純正のランプに戻す

H.I.D

トラブルというのは突然やってくるものです。
雨の日の夜に移動をしようとしたらなんだか暗い。その時はフォグランプ点ければいいやとか思っていましたがコンビニに寄って気が付きました。HIDヘッドライトが片方切れてる・・・。

2010年9月、約4万km走行してからの装着。それから3年、3万kmで故障しました。バルブの不調ではなく、スイッチオンでちらついた後消えますのでしっかり昇華させて点灯させることができなくなってしまったということでしょうか?

そのまま放置するわけにはいけません。でも僕のチンクのHIDは、ややこしい取り付け方をしているのと買い換えるのにもお金がかかるので純正に戻すことにしました。
こんな時に純正部品を保管しておくと良いですね。

というわけで、純正復帰の作業の手順は以下のように行うことにしました。

  1. 光軸の位置を記録しておく(事前に)
  2. パンパーを外しHIDを外し純正のランプに戻す
  3. 記録した光軸の位置に調整する
  4. 完了!

スポンサーリンク

事前に光軸の位置を記録しておく

なによりも全てを自分で行うには「基準」を記録しておくことが必要です。
全てを自分で行うのならば「調整」も自分ですることになります。もちろん、作業後にディーラーや整備工場で調整をしてもらえば良いのですが、当然それに見合う技術料が必要です。僕は自分で出来ることは自分で行うスタンスです。貧乏ですし(笑)

基本的に車検合格車ならばその光軸の位置が合法な「基準」ですので故障する前にその位置を記録しておけば、なにか作業をした際にはその位置にまた合わせれば良いということです。僕の場合は、車庫の奥にある倉庫の扉にガムテーブを貼って光の筋を記録しています。

「基準」を記録せずに変更を加えた場合は、調整の手段がありませんので(夜に運転して明るいからOKというわけではないです)プロに調整をお願いしましょう。

パンパーを外しHIDを外し純正のランプに戻す

実際に取り付けた際の状況はあまり詳しくは書いていませんが、こちらもご覧ください。
FIAT500に13,000円でH.I.D装着したよ【後編】

バンパーはヘックスローブ(トルクス)と呼ばれる六角星型のねじ頭を持つドライバーがあれば外すことができます。ホームセンターで1,000円あれば買うことができます。
バンパーを外すのは、おおごとですが必須工具ですので作業される方は事前に準備が必要です。

大まかな手順は、、
1.バンパー上部と裏側のヘックスローブのネジ、フェンダー左右のプラスネジを外す
2.フェンダー側は爪で固定されているのでバキっとひとおもいに引っ張る
3.バンパーをずらしながら(装着されていれば)フォグランプの配線を外す

これだけなのですが、工具が入りにくかったりとなかなか面倒です。でも、ひたすらネジを回して引っ張るだけなのでなんとかなります!きっと!

バンパーを外して、HIDユニットを外します。
作業スペースに応じてヘッドライトユニットの脱着も必要かもしれませんが、バンパーを完全に外せる方ならば簡単です(笑)

光軸の調整を行います

ライトやバンパーを元に戻し、上で書いた光軸記録の位置に調整を行います。
僕の場合は、純正に戻した際にかなり上を照らしていたので合うまで下に下ろしました。このまま調整せずに走行していたら対向車に大迷惑でした・・・。パーツ違えば位置も違う、当たり前ですが忘れずに調整しないといけません。

光軸の調整位置は写真の矢印の位置のネジというか歯車をドライバーで回して行います。それぞれ、上下と左右の調整が可能です。
基本的に助手席側は歩行者保護・認識のために左・上向き気味に調整がしてありますので、運転席側と同じにしないよう注意してください。

完了!純正のランプ色に戻りました。

久しぶりの電球色。懐かしいです。雨の日などは路面が見やすくなり、これはこれでもイイなぁと思ったりもします。
次はヘッドライトユニットごと交換してプロジェクターヘッドライト+HIDなどにしてもいいですね。まずはしばらくこのままで過ごしたいと思います。

でも、近いうちに純正のバルブが切れてしまったらどうしましょうか(笑)
とりあえず安いバルブを購入しごまかすしかないですね。片側だけとかならば、色違いを避けるためにも正規ディーラーで純正品を購入してもいいかもです。(純正が1本、数千円もしたらそれは買いませんが・・・)

とにかく最近どんどん純正に戻っている僕のクルマ。
今回はアフターパーツなのでクルマは関係ないですが、そのつどちょくちょく直していきたいと思います。これも楽しみのひとつです。

ヘッドライトに関係する投稿はこちらからもどうぞ。

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約76,600km
平均燃費(エアコン常に使用):12.3km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

PHILIPS(フィリップス) ヘッドライト ハロゲン バルブ H7 3400K 12V 55W レーシングヴィジョン RacingVision 輸入車対応 2個入り 12972RVS2
Philips(フィリップス)
【高効率ハロゲンバルブ】12V純正ハロゲンバルブ装着車輌のH7タイプ(55W)に対応。フィリップスハロゲンバルブで最も明るいハロゲンバルブ。
ino la designHIDキット FIAT500/ABARTH500
ASSO INTERNATIONAL
適合:Fiat500/ABARTH500・595・695 (2017年10月以降メーカー出荷の車両、またはヒューズが無い仕様の車両には、別途キャンセラーとハーネスをご用意いただくことが必須となります。)

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました