錆びて残念なFIAT500のマフラーを約3,000円でお手軽修理!

トラブル・故障・劣化

前回の記事
錆の発見から1年後 FIAT500 リアマフラーの錆がモリモリ成長中
の最後で、「修理をしてみようかと思います。」と書いているのに更に何もしないのはどうかと思いますので、お盆休みを利用してお手軽に錆びたマフラーの修理をしてみました。
参考に出来ないぐらいの手抜き作業なのですが、暑かったですし~お盆休みですし~仕方のないですことね!(謎な言い訳)

というわけで、作業の手順は以下のように行うことにしました。

  1. マフラーの錆を除去する
  2. 錆止め剤を塗る
  3. マフラー用耐熱パテを塗り欠損したところを埋める
  4. 耐熱塗料で塗装する

スポンサーリンク

マフラーの錆を除去する

錆は水分と鉄が化学反応をおこして腐食物を生成することです。・・・と言ってもピンとこないですが、錆といえば砂浜にあるトタンの屋根から有名ドコロでは錆びた聖剣と、いろいろなものを思い出しますね(?)

まずは、その錆を取ってやらなければどんどん錆が内部で進行してしまいます。上から何をしても意味がありません。
ひたすらヤスリでゴシゴシ削り取るのも大変でしたので、ディスクグラインダ(サンダー)と呼ばれる工作機械を使って錆により腐食した部分をギュイ~ンと削り取り、仕上げにペーパーヤスリで整えました。
道具を使うと楽で時間短縮も出来ます。良いですね!

ちなみにマフラーを外してから作業をしようかと思ったのですが、結局装着したまま作業を行いました。このようなところが「お手軽(手抜き)」作業なのです(笑)

ウィキペディア:グラインダー

錆止め剤を塗る

カー用品量販店やホームセンター等で売っている「赤錆を黒錆に変換する錆止め剤」(錆チェンジャーなどと呼ばれています)を使って、錆の進行を止め腐食を抑えます。
ある程度綺麗になった茶色の錆の部分に溶剤を塗っていきます。するとどんどん黒色に変色し、最後は溶剤に含まれるニスのような膜で包まれます。

黒錆化+溶剤の膜で水分をカットする仕組みなのでしょうね。

錆びてないところに塗っても意味は無いです。便利ですので今回の他にもいろいろな作業に使用しています。

耐熱パテを盛り欠損したところを埋める

こちらが耐熱パテ、チューブタイプ。
ちょっとした穴なら埋めて排気漏れを直せますよ、という商品。

僕の場合は穴は開いていなく、腐食した部分をけずった時に出来た段差を埋めるために使用しました。

使い方は簡単。ひたすら盛っていくだけです。
綺麗に盛っていこうとは考えていなく、付属のヘラでひたすら均していくだけです。微妙な凹凸も見えますが気にしないでほどほどの見栄えになったら終了としました。

耐熱塗料で塗装する

これもホームセンターで購入できる銀色の耐熱塗料スプレーで塗りました。
ただ、マフラーを外していないのでそのまま塗ってはマフラー以外の下回りも銀色になってしまいます。

見えないところなので大きな問題は無いのですが、やっぱり嫌ですのでマフラー以外の塗られては困るところにマスキングを行いました。

ちょうどあったビニール袋をつなげてシート状にして覆い隠しました。

そして塗装。
綺麗に塗ろうなんて考えていなく、ひたすらブシューと塗りたくりました。
塗料が垂れようが気にしません。

実際のところ、マフラー上部は綺麗に塗ることは出来ないのですが、錆びていないしOKということにしました。
この楽さでこれなら、なかなか良いんじゃん!と自画自賛しながら塗っていました。

完成。こんなにキレイになりました

完成し、後ろから見た様子。
「マフラーカッター以外は」新品みたいな輝きです。

マフラーカッターは納車時から全く磨いていないので排気ガスの煤などで汚れてしまっています。もういいです、マフラーカッターはこのままです(笑)

材料代は以下のとおり。

  • 錆止め剤:1,080円
  • 耐熱パテ:880円
  • 耐熱塗料:1,280円

合計:3,240円

約3,000円で錆びたマフラーを修理することが出来ました。これなら車検も大丈夫だと思います。
ほどほどのクオリティーとクルマの下に潜るだけの作業というお手軽さもあって大満足な作業でした。

耐久性については今後、忘れずにチェックしていきます。

材質からしてもマフラーが錆びてしまうのは仕方がありません。でも錆びてしまった方は新品を買う前に、試しに自分で修理してみても良いと思います。
ちょっとした工作気分で楽しいです。 安全に配慮しつつ、 Let’s Try です!

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約76,200km
平均燃費(エアコン常に使用):13.5km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

KURE(呉工業) 耐熱ペイントコート シルバー (300ml) 金属パーツ用耐熱塗料 [ 品番 ] 1065 [HTRC2.1]
KURE(呉工業)
【用途】
●自動車やオートバイのマフラーやエンジンまわり、焼却炉、ストーブなど、高温になる金属部分のサビや腐食の防止。
●【品番】1065
●【容量】300ml
【Amazon.co.jp限定】 AZ(エーゼット) パーツクリーナー 840ml プラスチック使用可 原液504ml A008
AZ(エーゼット)
優れた洗浄力・脱脂力で、軸受・チェーン・ギアなどの金属部品に付着した頑固な油汚れを強力に落とします。

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました