トラブル・故障・劣化

FIAT500にまたタイヤ交換の時期がやってきました:TOYO DRB

(今更ですが)あけてました、おめでとうございます。
2012年初ブログ記事です。

開始から先月末で3年間。これまでブログが続いたのも見てくださっている方々のおかげです。アクセス数に一喜一憂しながら続けてこられました。

これからも「FIAT500を一般的に使用した記録」として書き続けていきます。
日本中でキラリと光る「FIAT500ネタに特化したブログ」を目指しますのでよろしくお願いいたします!!
みなさまの応援が一番の活力剤。コメントもよろしくお願いたします!

タイヤ交換 TOYO DRB「良いじゃない。」 の記事から約24,000km走行しました。

良いタイミングですのでこれまでの感想などを書いてみたいと思います。

photo_3.jpg

寿命について

純正のブリジストンタイヤ TURANZA(トランザ)ER300は約43,000km走行できましたが、TOYO DRBは約24,000km。比べると20,000kmも少ない結果となりました。
これは重量サルーン用のタイヤであるTURANZAがその分ゴムも固く長持ちし、逆にTOYO DRBはスポーツ走行向けタイヤだけあり摩耗も早かったということでしょうか?

スポンサードリンク


とにかく純正の約半分の寿命だったことには驚きました。
とはいえ購入価格4本セットで36,000円を考えれば損とも言えないかなとは思います。

 

タイヤ性能について

ハンドリングもゴムが柔らかくなった分ダルくなっていましたが、しっかりとしたグリップもある為、特に意識することなく運転ができます。
雨の日でも安心して運転することが出来ました。

磨耗してきてもTURANZAのように「パンパン」と弾ける音もなく最後まで使えました。
乗り心地も摩耗してくると悪化してきましたが、これは仕方のない事。TURANZAよりも僕は好きです。

まとめ

走行可能距離だけを見るとどうかな?と思うかもしれませんが、日本メーカーでこの価格、乗り心地、走行性能を考えるとお得だと思います。
年間30,000キロ近く走るような生活をすると損しますが(笑)年間10,000km前後の走行でしたら3年に1回ぐらいの交換で大丈夫そうです。これは安いと思います!

そして今までの経験と今後のライフスタイルを考えて、次のタイヤもTOYO DRB にしました。価格は少し高価になっていましたが1本数百円の誤差でほぼ同じでした。

今までは年間20,000キロの走行スタイルでしたが、今後は年間5,000キロ程度になりそうです。次回交換時期は摩耗が早いか、劣化が早いか、ですね。

今後もタイヤの様子を見ながら運転していきたいと思っています。
TOYO DRB、悪くないよ!

photo_1.jpg

トーヨータイヤ(TOYO TIRES) 公式サイト
商品情報 TOYO DRB

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約68,000km
平均燃費(エアコン常に使用):15.0km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で

SNSで情報拡散していただくと泣いて喜びます!

 

-トラブル・故障・劣化
-