iPod・iPhone PR記事 カーナビゲージョン スマホ車載ホルダー・スタンド

手帳型ケースでもパチっと固定!FIAT500にスマホ車載ホルダー「Mountek Grip+」を取付けてレビューしてみた。

2016/12/13

マウンテックジャパンさんから7月に発売されたスマホホルダーの新製品、「Mountek Grip+」をご提供頂いたのでそのレビュー記事です。

マグネットタイプで必要な鉄プレートを入れることが出来なかった手帳型スマホケースなどでも、バッチリ装着が可能。これはケースにこだわる女性にもオススメできる製品かなと感じました。

PR記事です。

「Mountek Grip+」はCD差込口に取付ける

以前の製品「Mountek nGroove Snap」と同様に「Mountek Grip+」も取付けにCD差込口を利用するタイプで、両者の違いは主に端末の装着方法。
今回の「Mountek Grip+」はアームで端末を保持するタイプだ。

クルマとホルダー本体の固定はCD差込口に差し込んでネジを回すだけ。ネジを閉め込む事により羽が開き、CD差込口の内側からスマホホルダーが固定される。

ホルダーが吸盤や両面テーブでの貼り付けではないため、炎天下・氷点下の場合でも脱落せず大切な端末を壊してしまうリスクはかなり低い。
経年劣化も、そもそも弱い材質の吸盤が無いのだから心配すること無く長く使うことが出来る。

20160818_image_17

ネジの位置は上向きでも下向きのどちらでも問題なし。ネジが接触しない向きで取り付ければOK。

同じCD差込口取り付け型のスマホホルダー「Mountek nGroove Snap」の記事はこちら
本体の形状・素材は変更されているが基本的には同じ仕組み。

iPhoneだけでなくiPadも装着できる

アームの可動域が広いためiPhoneからiPadの幅までらくらく対応。
また、本体部分も金属を多用することにより強度が向上しiPad mini はもちろん、iPad air2 も装着することが出来る。

20160818_image_19

最小幅の状態。

20160818_image_17

最大幅はケース付きのiPadの幅とぴったり。

片手で簡単に取付け・取外し

レバーで少しずつ開くことも手動でグイっと一気に開くことも可能でホルダーアーム本体の真ん中にある「ポッチ」を押すとパチンとアームの幅が狭まる。

少しでも不便だとすぐに使わなくなってしまうのだけど、これは端末を押し当てれば即保持されるわけで使いやすく分かりやすい。

20160818_image_18

「カチャカチャカチャ」と広がり幅の微調整もしやすい。

20160818_image_6

写真ではレバーが上を向いているけど上下どちらでも使いやすい方で選べばイイ。
レバーをつまんでアームを広げながら端末を外す。

取付けイメージ:手帳型スマホからタブレットまで

マグネット式ではなくアームで保持するので厚みがある形状や手帳型ケースもしっかりと対応できる。
アームのゴムグリップが滑りやすい端末をしっかりと保持してくれるが、心配ならアームの両端をギュッとおさえて幅を少し狭くすればより安心。

20160818_image_4

ケースの蓋の部分を裏に折り曲げても保持が可能。

20160818_image_5

手帳型スマホ縦。

20160818_image_8

走行中でも大きく揺れることはなくタブレットも大丈夫。

20160818_image_7

座席からはアームのゴムグリップの部分しか見えないためシンプルで美しい。

首振りして自由度の高い設置が可能

ボールジョイントを使用しているため、上下左右、一回転とグリグリと動き好きな方向に端末を向けられる。
日光の反射等で画面が見づらい時があっても微調整ができるのは本当に嬉しい。

また、ジョイント部分の適度な重さ・渋さで端末が自重で首を垂れることもない。イラっとするところがなくて良い。

20160818_image_9

20160818_image_10

ホルダーアームグリップのカラーバリエーション

特別に提供していただいたのですが、アームのゴムグリップにはカラーバリエーションがあり自由に付け替えることが可能。
今後、準備が整い次第オプション・パーツとして別売りされるそうだ。

FIAT500なら車内のインパネの色と合わせると統一感が生まれ、よりCOOLなコーディネートが可能に。

ブラック

グレー

レッド

ブルー

ホワイト

20160818_image_16

上のホワイトのグリップは蛍光素材で作られており暗いところではイエローに光っているのがわかる。

20160830_image_6

これらグリップの詳細はマウンテックジャパン公式サイトを随時チェックしていただきたい。

Mountek Grip+
http://mountek-japan.com/mountek-grip/

Mountek Japan 公式サイト
http://mountek-japan.com/

音楽定額聴き放題・スマホナビの今。

ここ数年で盛り上がってきた「音楽聴き放題サービス」。CMでは「気分の上がる音楽」などと音声入力して車内音楽を流しているのだけど、そういった場合でもカチッと端末を「簡単に」装着できるマウンテックの製品はとても「使える」。車内環境を向上してくれます。

また、一番見やすい位置にスマホを装着できるため、ナビゲーションアプリを使ったスマホナビも純正品のように「使える」。

ひとつづつ利点をあげていたらキリがないのだけど、今まで書いたマウンテックのスマホ車載ホルダーの記事もあわせて読んでみるとイメージできるかも。

埋込み式のナビもポータブルナビもあまり売れない昨今、音楽も動画再生もナビゲーションも電話も・・・全ての機能がひとつになってるスマホを装着できるホルダーの重要性はますます上がっていくと思います。

いろいろな価格帯の商品が世の中に溢れていますが、安い商品は首振りの角度が少なかったり、振動で揺れてしまったり、突然外れてしまったり、ホルダー本体の取付けに手間取ったりと残念なところが多いのです。

そういった点が低価格に反映されているということなのでしょうが、ひとことで言うと「不便」で使いものにならない。

安物を何度も買い換えて思うように使えず悩むぐらいならマウンテックの製品を最初から選んでみるのが良いと思う。「あ、コレいいじゃん!」「そうそうコレコレ!」と好意的に感じて頂けるのではないかと思っています。

ちょっとしたところでも使いにくいところがなくてよく考えられているなぁと感じます。クルマに乗るたびに使う製品ですので「使いやすく(端末を)壊さない」ことは重要な要素なのです。

「Mountek GRIP+」は新型FIAT500(2016〜)にはCD差込口がないので非適合。マイナーチェンジ前のモデル(2007〜)ならばオススメのスマホ車載ホルダーです。↓↓↓↓↓↓

でもご安心を。CD差込口がない場合にはエアコン吹出し口用の「Mountek AIRGRIP」がある。うん、万全の布陣である!↓↓↓↓↓↓

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約92,500km
平均燃費(エアコン常に使用):14.0km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で

SNSで情報拡散していただくと泣いて喜びます!

 

-iPod・iPhone, PR記事, カーナビゲージョン, スマホ車載ホルダー・スタンド