便利にする小ネタ

1,000円でFIAT純正キーカバーをオリジナルカラーに塗装!

購入してから4年10ヶ月の間、ずっと同じ購入者特典の限定キーカバーを使ってきましたが、とうとう表面の塗装コーティングが剥がれてきたり割れてしまったりと汚くなってしまいました。

当時のブログ記事:FIAT500 購入者特典が届きました

そこで純正の黒いキーカバーに戻そうかと思いましたが、そのままでは「FIATのある風景」っぽくありません。ひと手間いれて純正とはちょっと違うオリジナルカラーのキーカバーにしてみました。

image_4.jpg

購入者特典のキーカバーはボロボロ・・・

image_1.jpg

知らないうちにボロボロになってしまった購入者特典のキーカバー。白ではなく薄いピンクのような塗装がしてありましたが、それも剥がれてしまい黄色く変色してしまいました。
まるでタバコのヤニのように見えてしまいます。さらに裏側には落としたときにできた割れもあり、寿命と言っても良いと思います。

これを外して新品同様の純正キーカバーに交換します。

プラモデル用塗料で塗装します

image_2.jpg

では早速純正のキーカバーを塗装したいと思います。
塗装の手順は、

      1.細かな紙ヤスリで塗装の下地を作る
      2.油汚れなどを家庭用食器洗い洗剤で洗い落とす
      3.完全に乾燥した後、プラモデル用のスプレー塗料缶で塗装
      4.表面保護のためにプラモデル用のトップコートを塗装
      5.完成

です。
塗料はプラモデル用のスプレー缶と仕上げに表面保護とつや消しのためにトップコート(つや消し版)を用意。
おもちゃ屋さんや家電量販店の子供コーナーにプラモデル(ガンダム系)があれば大抵あるため実際に店舗に行って商品ラインナップの中から気に入った色を買うのが良いと思います。お互いに小サイズの缶で1缶500円程度です。

スポンサードリンク


塗料はツルツルの面に塗装するよりも細かな凹凸がある面にしたほうが耐久性が上がります。ただ、やり過ぎは良くないので600番ほどの極細のヤスリを使ってうっすらと傷をつけるイメージで表面を整えてください。

その後、洗います。写真ではペットボトルに入った「アルコール」が写っていますが、アルコールやシンナーなどの溶剤は使わないでください。純正のキーカバーに予め塗装してあった塗料(あるいは素材そのもの)が溶けてしまいます。(実際に溶けました)
元からの塗料はあまり気にしないで上から重ね塗りしてしまったほうが(色は多少ズレるかもですが)最終的に綺麗に塗れるため表面に影響のない家庭用食器洗い洗剤で油分・削りカスを洗い流しましょう。

image_3.jpg

よく乾燥させた後、塗装です。
塗装の方法はしっかりとスプレー缶を振り人肌で温め、矢印のように左から右へ右から左へと一方向に腕を移動し塗装します。ここでのコツは対象物から30cmほど離して、大きめに薄く塗ることです。端の●まで来たら噴射を止めてまた●から噴射を開始し塗っていく、これも重要です。公園の壁やシャッターなどにある落書きのように続けて塗っちゃダメです。

塗料がモッタイナイと思われるかもしれませんが、塗料のムラを無くし均一に塗るために必要なテクニックです。縦方向に塗りたい場合は箱を回転させましょう。腕は常に横移動、です。

一度に厚塗りをしようとはせずに、手間で時間もかかりますが「薄く塗り乾燥。また薄く塗り乾燥」と薄塗り乾燥を繰り返してください。乾燥時間は天候に左右されますが20〜30分ぐらいでしょうか?
元の色が黒ですので明るい色は発色が悪いと思います。一度白でリセットするのも良し、濃い色でそのまま塗るのも良し、おまかせです。僕は落ち着いた色にしたかったのでそのまま緑色で塗りました。

実は、この緑は機動戦士ガンダムに出てくるザク系カラーの一つです(笑)

最後に「つや消し」にしたかったのでトップコートと呼ばれる表面保護剤、それのつや消し版を使って仕上げを行いました。
トップコートは湿気に弱く水分を過度に吸収すると白く変色するため、晴れの日の日中に行うことをおすすめします。(結構敏感です、注意。)

細かなミスはあるけれど気にしない

image_4.jpg

塗装の前にアルコールで拭いてしまったため表面が溶けて汚くなってしまい、それが塗装にも現れています。裏面は見てわかるレベルの乱れがありますが、まぁ気にしない。だって僕のなんだもの(笑)
お手軽に作業するには妥協も必要なのです。(とほほ、、)

しかしながら、なかなかのクオリティです。お手軽にこれだけできればOKだと思います。程よい強さのつや消しにするとプラスチックさが減って高級感も出る気がします。気に入りました!

最後にビフォー・アフター比べてみます

image_1.jpg

image_5.jpg

作業時間は乾燥時間も入れて3時間ぐらいです。装着・使用は塗装の剥がれなどを防止するためにも一晩置いてからの方が良いと思います。
費用はスプレー缶を2缶と紙ヤスリで約1,000円だと思います。。ただ、僕の場合はスプレー缶も紙ヤスリも過去にプラモデルを作るために購入したものを使ったため、0円でした。

たとえ1,000円必要でも、丁寧に行なえば市販品かと思うクオリティで塗装も可能です。
黒色のキーカバーも素敵ですが、ご自分で「自分色」に塗装してみませんか?楽しいですョ!

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約77,300km
平均燃費(エアコン常に使用):14.6km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

Mr.トップコートつやけし B503 【HTRC 2.1】 Mr.トップコートつやけし B503 【HTRC 2.1】

GSIクオレス
売り上げランキング : 74

Amazonで詳しく見る

ガンダムスプレー MSディープグリーン SG07 【HTRC 2.1】 ガンダムスプレー MSディープグリーン SG07 【HTRC 2.1】

ジーエスアイ クレオス
売り上げランキング : 24868

Amazonで詳しく見る

ソフト99(SOFT99) 99工房 耐水サンドペーパー セットM 123 09123 ソフト99(SOFT99) 99工房 耐水サンドペーパー セットM 123 09123

ソフト99(SOFT99)
売り上げランキング : 336

Amazonで詳しく見る

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で

SNSで情報拡散していただくと泣いて喜びます!

 

-便利にする小ネタ
-