トラブル・故障・劣化 定期点検・オイル交換

BOSCHのコンピューター診断機で故障・異常が無いかチェック

前回のミッションオイル交換の時に、同時に店舗で開催されていたコンピューター無料診断サービスも受けてみました。

EPLオイルフェア期間中でもある今回の実作業は、店舗スタッフではなくボッシュの営業さんがコンピュータ診断の作業を代行しています。このサービスはフェアのもう一つの目玉と言えると思います。

高価で専門的な汎用コンピュータ診断機です。個人で同じ物を購入するのはとてもとても現実的ではありません。それが無料サービスで受けられるのなら体験してみないとモッタイナイですね。
ただ、興味本位ですので店長に許可を得て他のお客さんに迷惑がかからないことを確認した上で体験してみました。

image_1.jpg

OBD2のコネクターはダッシュボート右下に

では早速診断です。
手順は車両に装備されているOBD2コネクターに診断機を接続しその表示結果をPC端末で確認する、です。

OBD2コネクターとは自動車に搭載されたコンピュータに蓄積されたエラーなどの走行データを読み取ることができる統一規格の接続端子です。
日本車の完全対応は遅い(ここ数年でほぼ対応か?)のですがアメリカ・ヨーロッパ車などは対応も早く、我らがFIAT500ももちろん搭載されています。

image_2.jpg

コネクターの位置はダッシュパネル右下の(財布も携帯も入らないしイマイチ使えない)小物入れの奥にあります。小物入れ自体は、少々不安な気持ちになりますが「バコっ」と引っ張り出せは取り出すことができます。ネジなどで固定もされていません。

ゴムのカバーが付いた端子がありますので、そこにケーブルを接続します。

診断機からPCへは無線で情報を飛ばします

image_3.jpg

ダッシュボート上に置かれた診断機。
ここから車外にあるノートPCへ読み取った情報を送ります。

緑色が映えます!

結果は専用ソフトウェアで確認

image_4.jpg

PCに表示されたエラー表示を確認します。(撮影の許可も頂きました。)

故障の数1
パークディスタンスコントロールとの通信
故障メッセージ

と表示されました。
「故障だと!?」「パークディスタンスコントロールってなんだ?」と思うわけですが、落ち着いて名称を調べてみたところ・・・コーナーセンサーやバックセンサーと呼ばれている後進するときに障害物があると警告音が鳴る、アレでした。

そこで、いろいろ思い出してきます。
「そーいえば最近鳴ってなかったなぁ・・」と。

とは言え、原因はなんとなく予想ができます。
ディーラーでの1年点検時にバックランプスイッチの故障が判明していたわけですが、その影響で「故障」エラーが返された可能性もあります。
バックセンサーがバックになったことを認識していないのかもしれません。
ホントの所は、わかりませんが。

エラーログを消しておきましょう、と

image_5.jpg

まぁ、すぐに再検知されるでしょうがエラー表示を削除しました。

この他にも使用状況によっては細かなエラーなど蓄積されることもあるようです。溜まりすぎてもそれが原因で別のエラーを誘発する場合もあるため、特に問題ないと判断できるエラーは消してしまうみたいです。

結果はほぼ異常なし

ディーラーでは「専用」のテスターを使っているのでもっと詳細な情報が判明していたのかもしれませんが、今回はこのような結果でした。

つい最近1年点検を受けてますので大きなトラブルがあっても困るのですが(笑)、とにかく大きな故障が無くて良かったです。

同日に診断を受けられたお客さんの中には、検出された故障の多さに驚いている方もいらっしゃいました。
メカニックの経験と勘も大切ですが、このようなコンピューター診断で実際の部品を見なくても故障部位がわかったり、あたりを付けることができます。もちろん、より一層センサー等の専門的な知識や、エラーログから故障部位を特定するスキルは必要だと思います。

クルマは進んだな、と思うのと、素人にはより一層手が出せないな、ということを同時に思いました。

車検で診断が必須!?

近い将来、車検でコンピュータ診断が必須整備項目になる(かもよ)。なんて話も伺いました。
今後ますますガソリンスタンドを含め、ただ車両を右から左へ流すだけの車検代行業者(そうじゃない業者さんももちろん大勢居ますが)も厳しくなるかもしれませんね。

ディーラー等の囲い込み戦略とも思えるし、街の中古車屋さんも設備投資に困ってしまいます。でも実際に診断すれば不具合もわかり、後の整備にも繋がる。そーゆーことなんでしょうね。

今回はボッシュの営業さんのよもやま話も聞けてなかなか貴重な体験でした。ありがとうございました!

【車両データ】
車名・グレード:FIAT 500 1.4 16V LOUNGE (2008)
カラー:ボサノバホワイト
右ハンドル・5速セミAT「デュアロジック」

総走行距離:約75,500km
平均燃費(エアコン常に使用):15.5km/l
高速道路走行時の平均燃費(名古屋←→東京):20.2km/l

CASTROL [ カストロール ] POWER1 4T [ パワー1 4T ] 10W-40 [ 部分合成油 ] 4L 19434 (4サイクル用) [HTRC3] CASTROL [ カストロール ] POWER1 4T [ パワー1 4T ] 10W-40 [ 部分合成油 ] 4L 19434 (4サイクル用) [HTRC3]

CASTROL(カストロール)
Amazonで詳しく見る

クレシア ワイプオールX70 (1パック・50枚入) JWI0401 クレシア ワイプオールX70 (1パック・50枚入) JWI0401

日本製紙クレシア
Amazonで詳しく見る

フルプラ ジェットオイラー ふた付きオイルジョッキー 4L NO.340 フルプラ ジェットオイラー ふた付きオイルジョッキー 4L NO.340

フルプラ
Amazonで詳しく見る

FIAT500 Blog 更新情報を発信!
「いいね!」してください

Twitter で

SNSで情報拡散していただくと泣いて喜びます!

 

-トラブル・故障・劣化, 定期点検・オイル交換
-